とやま・なんと国体2020、出場選手インタビュー!今大会注目のスキー選手を紹介します。①

スポーツ
2月16日(日)〜2月19日(水)に開催される第75回国民体育大会冬季大会(とやま・なんと国体)では、ジャイアントスラローム、クロスカントリー、スペシャルジャンプ、コンバインドのスキー4種目が行われ、出場選手たちが雪上で熱い戦いを繰り広げます。

今回は今大会注目のクロスカントリーに出場する選手について、大会に向けてインタビューを実施しましたのでご紹介いたします。

クロスカントリースキー 栃谷天寧(少年女子 北海道)

【プロフィール】

栃谷 天寧(とちたに たかね)
所属(学校、クラブなど):北海道おといねっぷ美術工芸高等学校
好きな柔道家:阿部一二三選手、大野将平選手

・実績

第69回全国高等学校スキー大会 女子5㎞クラシカル 2位 など

【インタビュー】

Q.1 クロスカントリーとの出会いはいつですか。

5歳のときです。理由は単純で、幼いながらやっていてとても楽しかったからです。

Q.2 クロスカントリーというスポーツの面白いところ、またアスリートとしてクロスカントリーと向き合ったときに難しいと感じていることを教えてください。

速ければ勝ちという分かりやすさと、技術・体力・筋力・体調・スキーの仕上がりといった条件が、すべて整ったときの気持ちは、他の種目では体験できない面白さがあります。ただ、どれだけやっても、逆にこれらすべての状態を完璧に整えることは永遠の難題でもあります。

Q.3 競技を続けるうえで欠かせない存在は誰ですか。

親はもちろん、コーチ、コースを整備してくれる方々のおかげで、雪上に立てると思っています。いつも様々な面でサポートしていただき、本当に感謝しかありません。

Q.4 大会中や練習中、あるいはプライベートにおいて、自分が成長するきっかけとなった出来事やエピソードはありますか。

様々な人と話をしていく中で、「あ、これは自分にはないな」という考えを聞いたときですね。こうした会話から成長のヒントを得ています。

Q.5 クロスカントリーにおいて自分がライバルだと意識している選手、あるいは目標にしている選手はいますか?

ノルウェーのマリット・ビョルゲン選手です。

Q.6 栃谷天寧選手にとって、国体とはどんな大会ですか。

普段は同じチームではない人とも一緒に戦うというのは、他の大会では味わうことのできない緊張感や楽しさがあります。その意味で、私にとっては特別な大会です。

Q.7 国体本番に向けて、今の意気込みをお聞かせください!

自分の体調を万全にして、結果で自分に関わってくれた方々に恩返しがしたいです!

クロスカントリースキー 栃谷和(少年女子 北海道代表)

【プロフィール】

栃谷 和(とちたに のどか)
所属(学校、クラブなど):北海道おといねっぷ美術工芸高等学校
好きな漫画:ドラゴンボール

・実績

2019 ジュニア世界選手権
第69回全国高等学校スキー大会 女子5㎞クラシカル 1位 など

【インタビュー】

Q.1 クロスカントリーとの出会いはいつですか。これまでどんなスポーツや習い事をしてきて、いつ、なぜクロスカントリーで勝負しようと思ったのですか。

クロスカントリーとの出会いは小学校1年生です。翌年小学2年生に進級する頃には、プレーしていて楽しいという気持ちが強くなり、クロスカントリーで勝負することを決めました。小学3年生まではピアノを、中学3年生まで陸上競技にも取り組んでいました。

Q.2 クロスカントリーというスポーツの面白いところ、またアスリートとしてクロスカントリーと向き合ったときに難しいと感じていることを教えてください。

スキーがすごく滑ったりグリップワックスを効かせられた時、それからフォームの改善に成功して良い結果が出せた時に魅力を感じます。スキーは雪上で行う競技です。そのため、毎回変わる自然環境とも勝負しなければならないところが難しいですよね。

Q.3 競技を続けるうえで欠かせない存在は誰ですか。その方はどのようなサポートをしてくれていますか。伝えたいことはありますか。

家族、コーチ、村の方々、スキー後援会の方々、コース整備をしてくれる方々、応援してくれるファンの方々。その全員に感謝の気持ちを伝えたいです。

Q.4 クロスカントリーにおいて自分がライバルだと意識している選手、あるいは目標にしている選手はいますか? また、差し支えなければその選手のお名前を教えてください。

ノルウェーのテレーセ・ヨーハウグ選手です。

Q.5 栃谷和選手にとって、国体とはどんな大会ですか。楽しみにしていることはありますか。

普段はあまり一緒にいることのない大学生、社会人と関わったり団結したりできる貴重な経験ができる大会です。様々な人と交流できることに、今からワクワクしています。

Q.6 国体本番に向けて、今の意気込みをお聞かせください!

体調面、精神面、スキーの状態を万全にして全力を尽くす!

クロスカントリースキー 本田 千佳(少年女子 秋田県代表)

【プロフィール】

本田 千佳(ほんだ ちか)
所属(学校、クラブなど):秋田県立花輪高等学校
好きなお米:あきたこまち
アピールポイント:持久力には自信があります!

・実績

2019年JOCジュニアオリンピックカップ女子クラシカル 女子フリー 優勝
第3回ユースオリンピック冬季競技大会 出場 など

【インタビュー】

Q.1 クロスカントリースキーとの出会いはいつですか。これまでどんなスポーツや習い事をしてきて、いつ、なぜスキーで勝負しようと思ったのですか。

兄と姉がクロスカントリースキーをやっていた影響で始めました。バスケットボールと陸上もやっていましたが、一番結果残すことができたのがスキーだったということもあり、今まで続けてきました。

Q.2 クロスカントリースキーというスポーツの面白いところ、またアスリートとしてクロスカントリースキーと向き合ったときに難しいと感じていることを教えてください。

会場によってコースが違うところが面白いと思います。また、スキーは冬季しか履けない競技なのでオフシーズンの練習が難しいので、工夫が必要です。

Q.3 競技を続けるうえで欠かせない存在は誰ですか。その方はどのようなサポートをしてくれていますか。伝えたいことはありますか。

競技を応援してくれる両親、指導して下さるコーチ、一緒に練習する仲間です。結果を出して恩返ししたいです。

Q.4 大会中や練習中、あるいはプライベートにおいて、自分が成長するきっかけとなった出来事やエピソードはありますか。

練習についていけなかった時です。とても悔しい思いをしたので、この経験をバネにもっと練習しようと思うきっかけになりました。

Q.5 クロスカントリースキーにおいて自分がライバルだと意識している選手、あるいは目標にしている選手はいますか? また、差し支えなければその選手のお名前を教えてください。

同年代の選手たちには負けたくないです。

Q.6 あなたにとって、国体とはどんな大会ですか。楽しみにしていることはありますか。

いつも応援して下さっている県民の皆様に、良いプレーで元気を与えることができる大会だと思います。

Q.7 国体本番に向けて、今の意気込みをお聞かせください!

自分の力を出し切り、秋田県チームに貢献したいです!

クロスカントリースキー 菊地 哲(少年男子 山形県代表)

【プロフィール】

菊地 哲(きくち さとし)
所属(学校、クラブなど):久里学園高等学校
好きな食べ物:ラーメン
アピールポイント:しっかり自己分析ができます。

・実績

2020全日本スキー選手権大会 10km 男子クラシカル 19位
2020全日本スキー選手権大会 10km 男子フリー 20位 など

【インタビュー】

Q.1 クロスカントリースキーとの出会いはいつですか。これまでどんなスポーツや習い事をしてきて、いつ、なぜスキーで勝負しようと思ったのですか。

初めてクロスカントリーに出会ったのは小学3年生のころでした。

Q.2 アスリートとしてクロスカントリースキーと向き合ったときに難しいと感じていることを教えてください。

万全の準備をして臨んでいても、思うように結果が出せないときは、この競技の難しさを感じます。

Q.3 競技を続けるうえで欠かせない存在は誰ですか。

家族やコーチ、応援してくれる方々です。

Q.4 大会中や練習中、あるいはプライベートにおいて、自分が成長するきっかけとなった出来事やエピソードはありますか。

自分のフォームを改善したことで、良い結果が出たときです。

Q.5 国体本番に向けて、今の意気込みをお聞かせください!

自分の持てる力を発揮するだけです!

クロスカントリースキー 落合 優真(少年男子 山形県代表)

【プロフィール】

落合 優真(おちあい ゆうま)
所属(学校、クラブなど):北村山高校
好きなバンド:ONE OK ROCK
アピールポイント:冷静さ

【インタビュー】

Q.1 クロスカントリースキーとの出会いはいつですか。これまでどんなスポーツや習い事をしてきて、いつ、なぜスキーで勝負しようと思ったのですか。

父の影響で小学生になる前からスキーを履いており、それ以外のことはあまりやってきていませんでした。なので、「自分にはこれしかない!」と感じ、ここまで続けてきました。

Q.2 クロスカントリースキーというスポーツの面白いところ、またアスリートとしてクロスカントリースキーと向き合ったときに難しいと感じていることを教えてください。

自分の調子やワックスの選択、天候などといった様々な条件が滑るたびに変わります。単純な勝ち負けだけでなく、その過程で様々な駆け引きができることが面白さであり、難しさでもあります。

Q.3 競技を続けるうえで欠かせない存在は誰ですか。その方はどのようなサポートをしてくれていますか。伝えたいことはありますか。

両親はもちろん、先生や保護者、OBの方々から、道具やワックスといった設備面のサポートにくわえてたくさんの指導を受けています。感謝の気持ちを伝えたいです。

Q.4 大会中や練習中、あるいはプライベートにおいて、自分が成長するきっかけとなった出来事やエピソードはありますか。

中学2年生の全国大会のとき、想像していたよりも高順位で大会を終えることができ、表彰台に上れたことが今の自信につながっています。

Q.5 クロスカントリースキーにおいて自分がライバルだと意識している選手、あるいは目標にしている選手はいますか? また、差し支えなければその選手のお名前を教えてください。

新潟県の滝沢育矢選手です。彼と自分は同じ学年ですが、とても強くて自分にとっては良きライバル、良き目標です。

Q.6 あなたにとって、国体とはどんな大会ですか。楽しみにしていることはありますか。

自分にとっては初めて出場する大会ですが、各県の代表と戦える素晴らしい大会だと思います。今からレースが楽しみです。

Q.7 国体本番に向けて、今の意気込みをお聞かせください!

今シーズンはあまり良いレースができていないので、国体ではベストな走りができるように頑張ります!

その他の国体注目選手はこちら!