人気はやっぱりあのスポーツ!小学生ママ 310人に聞いた「この春、子どもにチャレンジさせたいスポーツランキング」

ニュース
2020年も3月に入り、もうすぐ新年度!新生活を迎えるにあたり、子どもに何か新しいことをチャレンジさせたいと思う方は多いはず。特に小学生のうちは、部活動等で忙しくなる中学生とは異なり、放課後の時間も比較的十分取れます。お友達と遊ぶことももちろん大事ですが、その他にもいろいろな経験を通して成長してほしいと思うのが親心ではないでしょうか。

そこで日本のスポーツ界を束ねるJSPO(日本スポーツ協会)は、小学生ママ310人を対象に、「この春、 新しくチャレンジさせたいスポーツ」を調査しました!

この記事では今人気のスポーツや、スポーツをチャレンジさせるうえでの皆さんの悩みなど、リアルな声とともに、ママたちにおすすめしたいスポーツ少年団についてご紹介します!
「新学期、子どもに新しいスポーツにチャレンジさせたいですか?」と聞いたところ、約6割(「思う」と「まあ思う」の合計)の小学生ママが、"チャレンジさせたい"と思っていることが分かりました。体育の授業もある中で、小学生ママはスポーツを通して何を期待しているのでしょうか。

新しいスポーツにチャレンジさせたい理由は "一人遊び"では得られないもの

子どもに新しいスポーツにチャレンジしてほしい理由として、もっとも多く挙がったのは「体力をつけるため」。次いで「協調性を育てるため」「新しい友達を作るため」という回答が多く見られました。動画視聴サービスやアニメ、ゲームなど、今は自宅で一人でも遊べる方法が沢山あります。しかし、スポーツを通して体力や協調性を身に付け、友達の輪を広げてほしいというママの願いを感じ取ることができます。

1位は◯◯!小学生ママがこの春、子どもにチャレンジさせたいスポーツランキング

それでは、ママたちへのアンケートで分かった、子どもにチャレンジさせたいスポーツランキングをご紹介します。
■第3位:バドミントン

まずは第3位から!回答率8.5%で「バドミントン」がランクインです。最近では国際大会などで日本人選手が上位ランカーとなり、ニュースなどを目にしたママたちからの注目を集めているのかもしれませんね!
第2位:サッカー、テニス

第2位は、同率で「サッカー」と「テニス」。1位と比較しても-0.6ポイントと、競技の人気の高さが伺えます。どちらも日本チーム・選手が活躍していて、全国的に子どもがチャレンジする環境(場所、コーチなど)が整っているイメージがありますね!ちなみに回答率は11.3%でした。
第1位:水泳

栄えある第1位は、回答率11.9%で「水泳」でした!水泳は学校の授業でも毎年実施するスポーツ なので、身近なスポーツであることが想像できます。また、万が一の時に自分の身を守る術にもなるので、そういった点からも重要視されているのかもしれません。
ちなみに4位以下のスポーツには、「ダンス」(7.3%)、「バスケットボール」・「体操」(5.6%)、「野球」・「空手」・「ドッジボール」(5.1%)が続く結果となり、様々なジャンルのスポーツが幅広くランクインしています!

特に第4位の「ダンス」は、2008年に実施された中学校保健体育での必修化もあり、我が子に一足先に触れさせておこうという意図もあるのかもしれませんね。

ズバリ、小学生ママに聞きました!スポーツをチャレンジさせるうえで不安なこと

■子どものやる気維持(60.5%)

もっとも多かった回答は「子どものやる気維持」でした。 様々なことに好奇心がある小学生にとって、同じスポーツに熱中し続けることは難しいのかもしれませんね。 一緒に刺激し合える友達の存在や、そのスポーツに関連したアニメやドラマがモチベーションUPにつながるなんてこともあるかも。
■かかる費用(52.0%)

やはり気になるのは費用の面...。「スクールに通わせたいけど費用が心配。」なんて声もよく耳にします。 また、昨今では英会話スクールに通わせたり、受験対策をしたりと、学業においても何かと費用がかかるもの。 スポーツになかなかお金をかけづらいですよね。
■子どもの送り迎え(46.3%)

3番目に多かった回答は「子どもの送り迎え」でした。 理由として、共働きのご家庭が多いため、ママ・パパともに忙しく、時間の融通が効きづらいことが想像できます。それでもスポーツをさせてあげたい場合、どうしたらよいのでしょうか...?

ママの悩みを解決!おすすめの"スポーツ少年団"とは?

ここまで、新学期のタイミングで新しいスポーツを挑戦させたいママの心境を探ってきましたが、"スポーツを始める=スクールで習う"という考えをお持ちの方も多いはず。

そこで今回、スクール以外でも新しくスポーツを始められる場、子どもの成長につなげられる場としておすすめしたいのが「スポーツ少年団」です。

スポーツ少年団とは、1962年にJSPO(公益財団法人日本スポーツ協会(当時は「財団法人日本体育協会」))が創設した、歴史ある青少年スポーツ団体です。「一人でも多くの青少年にスポーツの喜びを!」「スポーツを通じて青少年のからだとこころを育てる組織を地域社会の中に!」という願いのもとつくられました。

登録団数は全国に約3万1千団、約18万人の指導者と約65万人のスポーツが大好きな子どもたちが、スポーツ少年団に登録しています。地域みんなで支えあって運営しているので、費用負担も比較的抑えたかたちで子どもにスポーツを挑戦させることができるなど、ママのお悩みも軽減できるはず。

スポーツ少年団の理念について

- 一人でも多くの青少年にスポーツの歓びを提供する
- スポーツを通して青少年のこころとからだを育てる
- スポーツで人々をつなぎ、地域づくりに貢献する


「スポーツ少年団」では、スポーツを楽しむことを通して、協調性や創造性を養うだけでなく、社会のルールや思いやりのこころも学びます。また、スポーツだけでなくレクリエーションや野外・文化・社会活動なども行っているため、好奇心旺盛な子どもの興味関心にあわせて様々なことにチャレンジさせることができる点も特徴的です。

スポーツ自体の能力向上だけでなく、少年団に所属する"子どもたちを育てる"ことを大切にしているので、今回の調査で"スポーツをチャレンジさせたい理由"として多く挙がった「体力をつけたい」「協調性を育てたい」というママの想いも叶えられるのです。

全国で60種目以上のスポーツ活動をおこなっているので、ぜひこの機会にお住いの地域のスポ―ツ少年団の活動についてチェックしてみてはいかがでしょうか?

★スポーツ少年団の概要はコチラ

本件に関するお問い合せ

JSPO PR事務局
TEL:03-5572-6081
FAX:03-6685-5266
Email : jspo_pr@vectorinc.co.jp